腎不全の猫にジウィピークを与えて大丈夫か

腎臓病の猫や犬にジウィピーク(ZiwiPeak)を与えてよいのか。腎不全の療法食としては低たんぱく食が推奨されますが、ジウィピーク(ZiwiPeak)は言わば真逆なわけです。ここが一番悩みました。信頼できる獣医師さんと相談して決めてほしいとは思いますが、私の経験と考察を書いてみます。

猫の腎不全療法食の基本的な考え方

まず、慢性腎不全について簡単にまとめてみます。

慢性腎不全とは腎臓の慢性的な機能不全のことです。腎臓は血中のミネラル濃度の調整や老廃物の排泄を行う臓器ですので、これらができなくなります。調整や排泄ができないと血中のミネラルバランス崩壊による病気や中毒になります。完全に腎機能が停止すると移植か透析しか選択肢はありません。

生きていれば腎臓はどんどん壊れていきます。腎臓はろ過装置ですから使えば使うほど壊れるのです。しかし生活や食事によってろ過する量が違ってきますので、腎臓の崩壊速度も違ってきます。療法食と言うのは生きている残りの腎機能の負荷を減らして少しでも延命させる食事と言えます。

慢性腎不全の食事と言えば、低たんぱく、低ミネラル(リン、カリウム、ナトリウム、マグネシウムなど)、そして高カロリーが挙げられます。これは人間でも同じです。

低たんぱく質と言われるのは、余剰なたんぱく質を分解する際に尿素といった老廃物が出るからです。老廃物をろ過して尿に排泄できないのが腎不全なので体内に老廃物が溜まります。そうすると尿毒症という中毒症状になり死に至ります。

またミネラルについては、ろ過装置である腎臓機能が失われ血中ミネラル濃度の調整ができないのが腎不全なので、例えばリンが多くなりすぎたりします。ある特定の成分が多すぎると高**血症と言った状態になり死に至ります。ただ、摂取量を極端に減らすと今度は血中濃度が低すぎて低**血症といった状態になりやはり死に至ります。

最後に高カロリーについては意外に思う方がいるかもしれませんが、基本的に低たんぱく食にすると摂取カロリーが減るので、肉体維持に必要なカロリーすら満たせなくなります。なので意識してカロリーを取らないと衰弱していきます。衰弱と言うのは肉体を分解してエネルギーに変えることです。

これらの条件を満たす食べ物として、脂質と糖質が挙げられます。しかし猫の場合は人間よりも事情が複雑です。なぜなら猫はそもそも肉食動物だからです。たんぱく質を制限すると言っても人間よりもたんぱく質の要求量が多いのです。

つまり、猫の腎不全療法食というのは最低限の動物性たんぱく質を維持しながら総たんぱく質量は抑え、ミネラルバランスを調整しつつ、たんぱく質以外でカロリーを高くした食事と考えられています。

なお、慢性腎不全と肉食についてのもっと詳しい考えは以下にまとめてあります。

慢性腎不全と猫のごはん
慢性腎不全の猫のごはんはどうあるべきか、私なりに考えてみました。

慢性腎不全から見たジウィピーク(ZiwiPeak)の懸念

慢性腎不全の食事として考えた場合、ジウィピーク(ZiwiPeak)への懸念として以下が挙げられます。

  • 非常に高い動物性たんぱく質比率
  • 肉主体によるリン含有比率

あまり慢性腎不全向きとは言えませんし多くの獣医はやめたほうがいいというかもしれません。しかし、うちの猫にはジウィピーク(ZiwiPeak)を与えています。その理由を以下述べていきたいと思います。

ジウィピーク(ZiwiPeak)の動物性たんぱく質比率

ジウィピーク(ZiwiPeak)は缶詰で93%、エアドライで98%が肉です。たんぱく質比率自体はエアドライで36%から45%となります。腎臓療法食は一般に23%程度です。

ではジウィピーク(ZiwiPeak)は腎不全に良くないのか。ZiwiPeak公式サイトに以下のような記事があります。

猫の食事と腎不全 ZiwiPeak公式サイト

ちょっと長いので要約すると以下のようになります。

過剰なたんぱく質を分解するときに血中の有害物質が増え、これが排尿の増加やクレアチニン量に影響する。生体活動に必要な量の良質なたんぱく質であれば有害物質は増えない。真性肉食動物にとって最も効率的にたんぱく質を摂取できるのは生肉であり、次点は肉の缶詰である。腎不全の初期から中期であれば、水分をたくさん摂取し、肉を与えるのが良い。調子が良くないようであれば低たんぱく食を試してみてもよい。(ただし、別の記事では総合的な栄養で考えると生肉よりジウィピークの方が優れていると記載されています)

K9ナチュラルの公式サイトにも簡単ですが同系統のコメントがあります。

良くあるご質問 K9ナチュラル公式サイト

こちらは短いので全文引用します。

高タンパク質なフードは腎臓に負担がかかるので良くないと聞きましたが与え続けても大丈夫ですか?
タンパク質にも、いろいろ種類があります。
◎ 動物の肉から取れるもの
◎ 魚から取れるもの
◎ 大豆など植物から取れるもの
犬(肉食獣)にとって、一番大切で必要なものは、良質の動物から取れる良質のタンパク質です。内臓に負担をかけるのは、本来、犬が必要としない穀物やイモ類、豆類と考えられています。 (小麦、大豆、米、トウモロコシ、豆、イモなど。)

とても理にかなっていると思いました。あくまで過剰なたんぱく質が悪いのであって、犬や猫が生きるのにたんぱく質は必須です。質の高い動物性たんぱく質を必要量だけ与える、というのが最も健康維持にとって良いのは道理です。良質なたんぱく質とはアミノ酸スコアが高い食品、つまりアミノ酸スコアが100である肉や魚です。そうなると肉食動物の行き着くところはやはり肉食しかありえません。

ジウィピーク(ZiwiPeak)が良質なたんぱく質であることには疑う余地はありません。しかし、少しでも多く与えてしまうとたんぱく質は最終的に尿素になります。また、可能であればもう少したんぱく質比率を抑えて脂質の比率が高い方が好ましいとは思いますので、赤身肉よりも霜降り肉、牛でいえば和牛の方が良いのかもしれません。

ジウィピーク(ZiwiPeak)のリン含有量

腎臓病に肉食が良いかについて、もう一つ考慮すべきものがあります。リンとカリウムです。腎臓病になるとリンやカリウムの排泄がうまくいかず、副次的に健康被害が起きる場合があります。肉と言えばリンの含有量が多いイメージがありますので、調べてみました。

参考:五訂増補日本食品標準成分表

輸入牛肉 リンの含有比率

  • うし・肝臓-生         0.33%
  • うし・心臓-生         0.17%
  • うし・じん臓-生        0.20%
  • うし・大腸-生         0.077%
  • うし・第四胃-ゆで       0.086%
  • 輸入牛・かた・赤身-生     0.18%
  • 輸入牛・ばら・脂身つき-生   0.13%

生のマグロなんかも0.2から0.3%くらいです。芋類が0.05以下が多いので、比べれば多いですね。

ではジウィピークの成分表とも比較してみましょう。まずは比較しやすい缶詰です。
キャット缶 NZグラスフェッドビーフの成分を抜粋します。

  • リン  0.31%
  • マグネシウム 0.03%
  • ナトリウム  0.11%
  • カルシウム  0.45%
  • カリウム  0.23%

生肉とほぼ同じですね。このことからもジウィピーク(ZiwiPeak)が肉だということがわかります。

次いで、ドライフードも見てみます。
エアドライ・キャットフード NZグラスフェッドビーフの成分を抜粋します。

  • リン  1.29%
  • マグネシウム 0.06%
  • ナトリウム  0.30%
  • カルシウム  1.83%
  • カリウム  1.10%

生肉と比べると乾燥させている分、凝縮しているのがわかります。リンは約4倍ですね。

参考にイギリスのグレインフリーペットフードであるカナガンのドライフードとも比較してみましょう。
カナガン キャットフード成分抜粋

  • リン  1.40%
  • マグネシウム 0.09%
  • ナトリウム  0.36%
  • カルシウム  1.58%
  • カリウム  0.64%

カナガンは肉比率が高めのフードですが、一般的なペットフードでもリンは大差ありませんので、ジウィピーク(ZiwiPeak)が特にリンが高いわけではなさそうです。恐らく健康状態下での生命維持に必要なリンの量がこれくらいなのでしょう。

しかし今回は腎不全時の影響度を考えたいのでここで安心してはいけません。更に参考のために腎臓ケア療法食である、アニモンダ(Animonda)のインテグラ プロテクト ニーレンのドライフード成分表(キャットフード)を転載します。アニモンダ(Animonda)はペット先進国ドイツのペットフードメーカーです。個人的にはインテグラのセンシティブを以前買っていました。


見づらいですが、「OS」の列が普通の状態の数値です。100gに対してリンが0.35g、マグネシウムが70mg、ナトリウムが0.2g、カルシウムが0.6g、カリウムが0.5gとなっています。

パーセンテージですと以下のようになります。
リン     0.35%
マグネシウム 0.07%
ナトリウム  0.20%
カルシウム  0.60%
カリウム   0.50%

ジウィピークエアドライに対して、ニーレンでは、リン、カルシウム、カリウムが約半分となっています。さすが療法食ですね。ただこれは含有率であって摂取量ではありません。ここから更に1日分の給餌量で実際に摂取するリンとカリウムの数値を計算します。

  • アニモンダ インテグラ プロテクト ニーレン   体重3kg 45g/1日
      ->45 × 0.35 / 100 = 0.1575g
  • ジウィピーク エアドライ NZグラスフェッドビーフ 体重3kg 37g/1日
      ->37 × 1.29 / 100 = 0.4773g

計算の結果、ジウィピークだとニーレンの約3倍量を摂取することになります。腎臓ケアを考えた場合不安になりますね。なお、ジウィピークの缶詰の場合、1日の給餌量は170gですので、170 × 0.31 / 100 = 0.527gとなり、さらに摂取量は上がります。

この結果を踏まえて、腎不全の猫や犬に与えても良いものでしょうか。リンやカリウムは低すぎても高すぎてもいけない微妙なものです。リンは骨を作り、カリウムは筋肉や神経を制御します。

既に腎不全が進行しており、血液検査で高リンや高カリウムの数値異常がある場合、正確なデータがどこからも提示されていない以上はジウィピークを与えるのは怖いです。排泄できないから濃度が上がるのに、リン値が高い食品を食べたら濃度が上がります。高リン血症などを発症する危険が高まります。

しかしリンとカリウムの値が正常値なのであれば、ジウィピークは検討してよいように思います。もちろん獣医師と相談して決めるべきですが、リンやカリウムが過剰に入っているわけではないので、リンやカリウムについてはほかのフードと遜色ないからです。

そういう意味では腎臓病療法食はリンやカリウムが少なすぎるので、リン値やカリウム値に異常がないのに療法食を与えるのもまた健康リスクになると思います。すべては加減の問題ですので、定期的な血液検査と獣医師の判断を仰ぎたいところです。

慢性腎不全の猫にジウィピーク(ZiwiPeak)を与えても平気か

慢性腎不全の猫にジウィピーク(ZiwiPeak)の方が良いのか、腎臓療法食の方が良いのかについては分かりません。検証結果もありませんし、うちの猫にしてもジウィピークしか与えていないので比較もできません。

また、与えて平気かについても慢性腎不全の進み具合と病状によるとしか言えません。

ステージ1やステージ2であればジウィピーク(ZiwiPeak)でも問題ないと考えます。ただし、過剰摂取は禁物です。可能であれば動物性脂肪を混ぜて与え、カロリーを維持しつつたんぱく質比率を下げたほうがなおよいでしょう。ミネラル値は療法食に比べて高めですので、血液検査の結果、1つでも異常値があればやめておいた方が良いでしょう。

ステージ3以降では窒素吸着剤、リン吸着剤との併用が必須でしょう。そもそもこのステージであればどちらにせよ吸着剤を使用することになると思います。ジウィピーク(ZiwiPeak)のミネラル値が療法食より高いことだけはどうしようもありません。血液検査結果を見ながら調整するしかないです。

ジウィピークに切り替えて2年経過

うちの猫の場合、Creが1.9、BUNが25の頃にジウィピーク(ZiwiPeak)に切り替えました。病院によっては正常値とされると思いますが、ステージ1からステージ2に当たります。ただ出血を伴う皮膚病を併発していたので正確な判断はできません。

アレルギーと腎不全を天秤にかけてQOLのためにアレルギー対策を優先させた結果、ジウィピーク(ZiwiPeak)に切り替えたのです。理想を言えばアレルギー対応と腎不全対応を両立したいのですが、鶏肉が入っておらず品質の高いフードは殆どありません。

ただし、ドライフードだと水分量が足りなくなる傾向にあるため、缶詰にしました。腎臓病では十分に水分をとることが重要と言われていますが、猫は水をあまり飲まない生き物だからです。強制的に水を摂取させるにはウェットフードが一番です。しかしうちの子は缶詰があまり好きではないため、仕方なく缶詰とエアドライを半分ずつ混ぜて与えています。

現在、ジウィピーク(ZiwiPeak)に切り替えて2年以上が経過しています。現在の数値はCreが3.1、BUNが39、SDMA15です。毛艶が良く食欲旺盛で、尿もほぼ正常値ですが比重が若干軽めです。この進み方が早いのか遅いのかは分かりませんが、今のところ見た目は元気そのものです。簡単ですが1年単位の推移を貼ります。

15/4 16/4 17/4 17/10
Cre 1.9 2.8 3.1 3.0
BUN 25 36 38 42

1年目と2年目で上昇率が異様に違うのですが、最初の検査機関と後ろ2つの検査機関が違うので、もしかしたら数値を単純に比べるべきではないかもしれません。

正直なところジウィピークで良いのかどうかについてはまだ様子見状態です。とりあえず次の結果がどうなるか次第でしょうか。仮に上がり幅が小さければジウィピークでも行けると確信できそうです。

2017/10追記

CRE値は安定していますが、BUNが明らかに溜まってきています。現在はキドキュアをジウィピークに混ぜて与えていますが、カリナール2を併用してみてはどうだろうかと検討中です。次の検査結果次第かなあ。なお、カリナール2は以前使用したことがありますが、食いつきへの影響が全くなかったです。