ニュートロの評価とレビュー

Nutro™ ニュートロ™はペット第一主義の製品づくりに取り組んでいます
Nutro™ ニュートロ™はペット第一主義の製品づくりに取り組んでいます http://www.nutro.jp/

お店で見かけるちょっといいフード。今回はそんなイメージがあるニュートロについて書きたいと思います。

ニュートロってどこが作ってるの?

日本で販売しているのはマースジャパンです。シーバでも触れましたが、ミルキーウェイやスニッカーズ、M&Mを売っています。日本ではペットフード流通量一位の大御所です。取り扱いキャットフードはシーバ、シーザー、カルカン、キャティキャット、アイムスですね。

マースはアメリカの巨大企業です。ペットフード事業は1935年からはじめていますので、ペットフード業界でも相当に由緒ある会社です。

猫用製品 | Nutro®
マースジャパン
Mars, Incorporated

ニュートロのラインナップ

2つあります。ドライフードのナチュラルチョイス、ウェットフードのデイリーディッシュです。

種類 ライン シリーズ 製品名 サイズ 特記事項
ドライ ナチュラルチョイス ミート キトンチキン 500g,2kg
500gで800円前後
室内猫用
アダルトチキン
アダルトターキー
エイジングケアチキン 室内猫用 シニア
フィッシュ アダルトサーモン 室内猫用
アダルト白身魚 避妊・去勢猫用
エイジングケア白身魚 避妊・去勢猫用 シニア
スペシャルケア アダルトチキン 減量用
アダルトチキン 食にこだわる猫用
アダルトダック 穀物フリー
アダルトサーモン 穀物フリー
アダルトチキン 毛玉ケア
ウェット デイリーディッシュ チキン 37.5g×2食
157円
穀物フリー
サーモン&ツナ
チキン&エビ
ターキー

アダルトチキンばかりで分かりづらいですが、微妙に違っています。ナチュラルチョイスは500gでは750円~850円程度の間になるようです。2kg袋ではだいたい2300円から2500円程度になります。

ニュートロの特徴

「ミートファースト」「フィッシュファースト」というのを謳っています。

これは生肉や生魚を第一原料とするということだそうです。プレミアムフードの世界ではある意味最低条件とも言えます。しかし、価格を考えると非常に意義あることです。

次に「ナチュラル・オーソリティ」というのも謳っています。

自然素材にこだわり、栄養バランスに配慮し、製造出荷保存の安全性を追求することだそうです。これもまた同様にプレミアムフードとしては当たり前です。しかし逆に言うと従来のキャットフードではこれらのことが蔑ろにされてきたとも言えます。

ニュートロの成分表

種類が多いのでノーマルなアダルトターキー、グレインフリーのアダルトダック、ウェットフードのターキーを見てみます。

ナチュラルチョイス ミートシリーズ アダルトターキー(ドライ)

ターキー生肉、乾燥チキン、粗挽き米、エンドウタンパク、玄米、鶏脂*、オートミール、ポテトタンパク、ビートパルプ、アルファルファミール、大豆油*、タンパク加水分解物、亜麻仁、ユッカ抽出物、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、C、D3、E、コリン、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸)、ミネラル類(カリウム、クロライド、セレン、ナトリウム、マンガン、ヨウ素、亜鉛、鉄、銅)、アミノ酸類(タウリン、メチオニン)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物)、緑茶抽出物、スペアミント抽出物

* ミックストコフェロールで保存

タンパク質 33.0% 以上
脂質 16.0% 以上
粗繊維 4.0% 以下
灰分 10.5% 以下
水分 10.0% 以下
カルシウム 0.9% 以上
リン 0.8% 以上
リノール酸 3.3% 以上
亜鉛 300mg/kg 以上
ビタミンE 250IU/kg 以上
タウリン 0.18% 以上
マグネシウム 0.15% 以下
ビタミンC 50mg/kg 以上
代謝エネルギー 375kcal/100g

ミートファーストだけれど第2原料は乾燥チキンというのはご愛敬です。価格と品質のバランスの問題でしょう。

小麦グルテンフリーで米、玄米、オートミール使用ですね。唐突にタンパク加水分解物が入っていますが、たんぱく質量が足りないための底上げでしょうか。こう書かれてしまうと原料が分からないのが少し嫌ですね。

ナチュラルチョイス スペシャルケア アダルトダック(ドライ)

ダック生肉、乾燥チキン、エンドウタンパク、鶏脂*、乾燥ポテト、ポテトスターチ、エンドウマメ、乾燥ダック、アルファルファミール、ビートパルプ、ポテトタンパク、タンパク加水分解物、大豆油*、ユッカ抽出物、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、C、D3、E、コリン、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸)、ミネラル類(カリウム、クロライド、セレン、ナトリウム、マンガン、ヨウ素、亜鉛、鉄、銅)、アミノ酸類(タウリン、メチオニン)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物)、緑茶抽出物、スペアミント抽出物

* ミックストコフェロールで保存

タンパク質 33.0% 以上
脂質 16.0% 以上
粗繊維 4.0% 以下
灰分 10.5% 以下
水分 10.0% 以下
カルシウム 0.9% 以上
リン 0.8% 以上
リノール酸 3.3% 以上
亜鉛 300mg/kg 以上
ビタミンE 250IU/kg 以上
タウリン 0.18% 以上
マグネシウム 0.15% 以下
ビタミンC 50mg/kg 以上
代謝エネルギー 380kcal/100g

こちらはグレインフリーなので米類は使用されていません。代わりにポテトを使うようです。乾燥ポテト、ポテトスターチ、ポテトタンパクと分けて書いてあるので合計すると米、玄米、オートミール相当量になるかもしれませんね。

残念なのはナチュラルチョイスは全ての製品で第2原料に乾燥チキンを使っている点です。商品名になっているのはあくまで第1原料のことです。これは魚でも同じです。サーモンの第2原料は乾燥チキンです。やはり価格を抑えるためなんでしょうね。

デイリーディッシュ ターキー(ウェット)

ターキー、チキン、肉類エキス、フィッシュオイル、ビタミン類、ミネラル類、アミノ酸類、増粘安定剤(グァーガム)

タンパク質 12.0%以上
灰分 4.0%以下
脂質 5.0%以上
水分 78.0%以下
粗繊維 1.0%以下
代謝エネルギー 47kcal/1トレイ

こちらも第2原料がチキンですね。なお、このウェットフードは内容量からわかる通り、トッピング用と想定されています。しかし、総合栄養食ですので、これだけ与えることもできます。

ニュートロの安全性

まず、ニュートロは過去に何回かリコールを行っていますが、2009年以来発生していません。メラミン事件以降は小麦グルテンの使用も止めたようですし、今は粗悪なペットフードに対する風当たりは世界レベルで厳しくなっていますので、着々と安全性について取り組む姿勢は伺えます。ただ、具体的な施策については不明瞭で、ホームページを見ても詳しくは分かりません。

ここから先は飼い主が判断するしかないですが、マースジャパンは以下のように述べています。

マース ジャパンでは、ペットフードに関連する日本国内の法規および業界規制の要件はもちろん、米国親会社のマース インコーポレイテッドが定める厳格なグローバル基準に従って工場で製造しています。また原料から製品にいたる厳しい品質管理体制の徹底により、安心してご利用いただけるペットフードをご提供しています。

ニュートロのランニングコスト

穀物フリーのスペシャルケア アダルトダックが、2kgで2,526円とします。体重3kg当たりの1日の給餌量が45gですので、30日で1,705円となります。

デイリーディッシュでも考えましょうか。体重3kgで140gですので、37.5gパックを約4つ分ですね。2つペアで157円なので、1日当たり314円。30日で9,420円になります。

ナチュラルチョイスはかなり安いですね。

ニュートロまとめ

正直なところナチュラルチョイスはぎりぎりプレミアムフードと言えるような言えないような微妙な位置にいます。ただ、値段に比しての品質で考えると非常に優れていると言えると思います。ナチュラルチョイスは1日当たりで考えれば60円してませんからね。

第2原料に必ず乾燥チキンが入っていたり、肉以外の比率が高そうだったり、タンパク加水分解物といった由来不明成分が入っていたりしますが、価格を考えれば仕方ありません。むしろ、よくこのレベルまで持ってきたなと思います。これはマースならではの大きさの力でしょう。

また、この価格帯でグルテンフリー、グレインフリーが選べるというのも驚異的です。まさに、廉価キャットフードとプレミアムフードの中間として十分存在感を発揮できると思います。