アズミラの評価とレビュー

Azmira Holistic Animal Care
Azmira Holistic Animal Care http://www.azmira.com/

ホリスティックアニマルケアのアズミラ。サプリメントでも有名ですね。今回はそんなアズミラを見てみましょう。

アズミラってどこが作ってるの?

アメリカのAzmira Holistic Animal Care, Inc.という会社です。既存のペットフードに納得がいかず1982年に設立されましたが、製品の販売は更に後の1985年からです。最初の製品開発に3年もかけているんですね。

調査と研究、この言葉がアズミラを表現するのにふさわしいと思います。アズミラは多くの飼い主たちから絶大な支持を受け続けているメーカーです。アズミラと言えばホリスティックケアですが、ホリスティックというのは全体という意味です。患部にとらわれず心身を含めた広い視点でケアすることを言います。アズミラのペットフードはペット自身の自然治癒力を生かすことを考えて作られています。

日本ではアズミラ製品の販売は株式会社アズミラジャパンというところが総代理店となって行っています。その前身は1998年からアズミラを扱っているようですね。

Azmira Holistic Animal Care, Inc.(英語)
アズミラジャパン

アズミラの姿勢について象徴的な一文をアズミラジャパンから引用します。堂々とこんなことが言える会社って素晴らしいと思いませんか。翻訳が硬いのはご愛敬です。

当社はペットフードに関する従来からの利益を見合わせることを確約しました。当社は栄養学的数値を犠牲にする事なしに、価格において拮抗できて、可能な限り最高のフードを開発することを「消費者」(この場合の消費者は、当社のフードを食べる犬やネコです。)に確約しました。

アズミラのラインナップ

アズミラは商品のラインナップが少ないです。これは日本だけ少ないのではなく、そもそも少ないのです。猫用はドライ1種と缶3種すべてが輸入されています。

種類 製品名 サイズ 特記事項
ドライ クラシックキャットフォーミュラ 0.5kg,1kg,
2.26kg,4kg
6.79kg
0.5kg1,220円
ウェット ビーフ&チキン 156g,374g 156g378円
ラム&バーレイ 156g421円
オーシャンフィッシュ 156g388円

ドライが1種類と言うのは今どき珍しいですよね。

アズミラの特徴

沢山あるのですが、一言でいえば高い品質と確固たる研究によって作られたフードと言えます。

いくつか引用しましょう。

当社製品はUSDA/FDA品質基準により健康に有益であることが保証された充分な栄養素とハーブの調合に基づいています。

他社の模倣や流行の追随によるものではなく独自の研究に基づいて開発されています

当社の材料の大部分は、私たちがテストした最高のブランドのものより100~500%より多く費用がかかっています。

アズミラの考え方は全てのペットにふさわしいフードを作るのではなく、ペットフードはあくまで基盤として、各個体によって足りないサプリメントを与えることを想定しています。つまり、サプリメント込みでオーダーメイドするフードなのです。

よって、フード単体で完結させたい飼い主の好みには合わないでしょう。しかし、そもそも様々なペットの症例について汎用的なフードで賄おうとすること自体がおかしいと個人的には考えます。

アズミラの成分表

少ないので全部見てみましょう。

クラシックキャットフォーミュラ(ドライ)

チキンミール、全粒ひきわり玄米、全粒ひきわり大豆、全粒ひきわり小麦、全粒ひきわりコーン、鶏脂肪(ミックストコフェロールにて保存)、脱果汁トマト(リコピンの供給源)、ひきわりフラックスシード、ナチュラルフレーバー(チキン由来)、メンハーデンフィッシュミール、塩化コリン、塩、乾燥乳タンパク質、乾燥チコリー(根)、ミネラル(炭酸カルシウム、酸化亜鉛、タンパク質化合亜鉛、硫酸鉄、酸化マンガン、硫酸銅、タンパク質化合マンガン、ヨウ素酸カルシウム、タンパク質化合銅、亜セレン酸ナトリウム、炭酸コバルト)、DL-メチオニン、ビタミン(ビタミンE、ナイアシン(ビタミンB3)、Lアスコルビル-2-ポリリン酸塩(ビタミンC)、ビタミンA、D-パントテン酸カルシウム、硝酸チアミン(ビタミンB1)、リボフラビン、塩酸ピリドキシン(ビタミンB6)、ビタミンD3、葉酸、イノシトール、ビオチン、メナジオン重亜硫酸ナトリウム複合体(ビタミンK活性源)、ビタミンB12)、タウリン、塩化カリウム、パセリフレーク、乾燥ケルプ、ユッカシディゲラ抽出物、ミックストコフェロール(保存料)、ベジタブルオイル、クエン酸、レシチン、ローズマリー抽出物

成分名 数値
カロリー 340Kcal/100g
粗蛋白質 30%以上
粗脂肪 11%以上
粗繊維 4%以下
粗灰分 6.5%以下
水分 10.0%以下
マグネシウム 0.08%以上
カルシウム 1.0%以上
オメガ6脂肪酸 2.0%以上
オメガ3脂肪酸 0.2%以上
リン 0.8%以上
ナトリウム 0.2%以上
pH 5.5-6.3

「副産物、小麦グルテン、濃縮米蛋白を含みません。」と謳っていますが、全粒ひきわり小麦がありますね。誤表記かと思い英語のページも見たのですが、「None of our food products contain by-products, wheat gluten, or rice protein concentrate.」と書いてあり、小麦グルテンを含まないと書いてありますね。

色々調べてみたのですがちょっとわかりませんでした。小麦グルテンが入っていると考えておいた方が良さそうです。

アズミラではミールという表現を使用していますが、これは脱水した肉という本来の意味で使用しています。品質が悪く安い廃棄肉を使用しているわけではないです。

ビーフ&チキン(ウェット)

牛肉、牛肉の煮汁、チキンレバー、チキン、さば、まぐろ、オート麦のふすま、玄米、乾燥ケルプ、レシチン、りん酸三カルシウム、ガーリックパウダー、塩化コリン、ビタミン(ビタミンE、A、D3、B12サプルメント、チアミンモノニトレイト、ナイアシン、パントテン酸d-カルシウム、ピリドキシン塩酸塩、リボフラビン、葉酸、ビオチン)、ミネラル(硫酸第一鉄、酸化亜鉛、蛋白質化合銅、硫酸マンガン、よう化カリウム、亜セレン酸ナトリウム)

成分名 数値
カロリー 121.7 Kcal/100g
粗蛋白質 11%以上
粗脂肪 5%以上
粗繊維 1%未満
粗灰分 1.9%未満
水分 78%未満
マグネシウム 0.025%未満
タウリン 0.05%以上

こちらは明確に小麦グルテンフリーですね。ビーフ&チキンにサバとマグロが入っているのは少し納得がいきませんが、バランスの問題でしょうか。

ラム&バーレイ(ウェット)

ラム肉、ラム肉の煮汁、まぐろ、チキンレバー、大麦、玄米、エンドウ、人参、乾燥ケルプ、レシチン、炭酸カルシウム、塩化カリウム、ガーリックパウダー、
塩化コリン、ビタミン(ビタミンE、A、D3、B12サプルメント、チアミンモノニトレイト、ナイアシン、パントテン酸d-カルシウム、ピリドキシン塩酸塩、
リボフラビン、葉酸、ビオチン)、ミネラル(硫酸第一鉄、酸化亜鉛、蛋白質化合銅、硫酸マンガン、よう化カリウム、亜セレン酸ナトリウム)、タウリン

成分名 数値
カロリー 132.4Kcal/100g
粗蛋白質 11%以上
粗脂肪 5%以上
粗繊維 1%未満
粗灰分 1.9%未満
水分 78%未満
マグネシウム 0.025%未満
タウリン 0.05%以上

やはりマグロが入りますね。なお、バーレイとは大麦のことです。

オーシャンフィッシュ(ウェット)

オーシャンフィッシュ、オーシャンフィッシュの煮汁、チキンレバー、七面鳥、まぐろ、オート麦のふすま、玄米、乾燥ケルプ、レシチン、
炭酸カルシウム、ガーリックパウダー、塩化コリン、ビタミン(ビタミンE、A、D3、B12サプルメント、チアミンモノニトレイト、ナイアシン、パントテン酸d-カルシウム、ピリドキシン塩酸塩、リボフラビン、葉酸、ビオチン)、ミネラル(硫酸第一鉄、酸化亜鉛、蛋白質化合銅、硫酸マンガン、よう化カリウム、亜セレン酸ナトリウム)

成分名 数値
カロリー 108.2Kcal/100g
粗蛋白質 11%以上
粗脂肪 5%以上
粗繊維 1%未満
粗灰分 2.5%未満
水分 78%未満
マグネシウム 0.025%未満
タウリン 0.05%以上

オーシャンフィッシュの内訳はマグロ、さば、いわしだそうです。まぐろが別途書いてあるのでサバ、イワシがメインになるのでしょうか。

アズミラの安全性

アズミラが使用している肉類はUSDA 認定グレードAのものです。人間用のスタンダードな肉で、挽肉用の上くらいの品質です。穀類ももちろんヒューマングレードです。

ドライフードはfres-pet™バリアーパッケージングという包装を行っており、鮮度が非常に高いのが特徴です。アメリカでのテストの結果、24ヶ月間ほとんど酸化が進まないことが証明されました。缶詰も人間用の魚の缶詰工場で製造しています。

アズミラのランニングコスト

アズミラは給餌量を明示していないので難しいのですが、標準が約67gとなっています。カロリーで計算すると227.8kcalになりますから、体重4kgくらいを想定しているようです。体重3kgだと50gくらいでしょうか。

ドライを1カ月以内で使い切れる1kgで2,322円として考えます。1gあたり2.3円。1日50g食べるとすると1か月で3,483円かかりますね。もちろん、大袋を買えばもっと下がります。

ウェットでも考えてみましょう。同様にアバウトなのですが「体重2.7~3.6kgあたりL缶1/2缶・S缶1缶」だそうです。体重3kgで1缶だとすると、ビーフ&チキン1つ378円を30日だと約11,340円になります。

アズミラは猫は好きなだけ食えというスタンスですので計算が難しいですが、比較的安い部類に入るでしょう。

アズミラまとめ

今どきのプレミアムフードを見ているとアズミラは物足りなく見えるかもしれません。穀類を多く使用していますし、小麦やコーンも使用しています。これは、アズミラの考え方としてアレルギーの多くは品質の悪いものを食べたことによるという考え方に拠ると思われます。

この考え方自体には私も賛成です。本当にアレルギーであれば除去食しかありませんが、こんなにアレルギーの犬や猫がいること自体が異常です。まずは品質の高い保証されたフードを食べて従来の疾病が治るかどうか、それを確認してから除去食に移っても良いとは思います。ただ、人間でもそうですが食事ではなく環境が原因の可能性もありますので、真相を突き止める道は長いです。

また、アズミラはフード単品ではなく、サプリメント込みで考えるべきだと思います。自分のペットに何が足りないのか、一般的なフードではどうしてもバランスが取れない場合に、アズミラは力になってくれることでしょう。

なお、アズミラはどこで買っても値段が同じなので、おまけつきとかサービスのあるところがお得かと思います。
[広告]

【新】缶詰・サーモン等プレゼント付!【アズミラ  クラシック キャット フォーミュラ 1kg】    【猫用】  正規輸入品azfp10#新 AZMIRA 

価格:2,322円
(2017/4/21 20:29時点)
感想(290件)