猫とグレインフリーについて

グルテンフリーだけでなく昨今ではグレインフリーの文字もよく見かけるようになりました。グレインフリーとはどういう意味で、どういった効能があり、どう考えればよいのかについて書きたいと思います。


なお、グルテンフリーについては以下の記事を参考にしてください。

猫とグルテンフリーについて
キャットフードをグルテンフリーにする必要があるのかを考察してみました。

グレインとは

穀物のことです。穀物とは米、小麦、コーンなどのイネ科植物を指します。しかし、蕎麦やアマランサス、豆類などもグレインと呼ぶ場合もあります。キャットフードの世界では肉食獣に対して不要な要素という意味で、上記全てをグレインとすることが多いようです。

グレインフリーとは

グレインフリーとは穀物が入っていないという意味です。基本的には米、小麦、コーンを除去しますが、豆などその他の穀物が入っているかどうかは内容物を確認した方が良いです。

グレインフリーのフードは、何らかの穀物に対してアレルギーのある猫が増えたために作られました。また、それに伴いそもそも猫は肉食獣であるという考え方が見直されるようになりました。炭水化物による糖質過剰も問題視されています。

グレインフリーと炭水化物

グレインフリーと炭水化物抜きは異なります。グレインフリーはあくまで穀物の除去であり、炭水化物を含むものは穀物以外にあるからです。

グレインフリーフードによく使われているのが芋類や豆類です。個人的には「そんな中途半端な!」と思いますが、価格との兼ね合いを考えると妥協点かもしれません。穀物や芋、豆を使わないでフードを作るとどうしても肉の値段がそのまま商品の値段に跳ね返ります。

グレインフリーの効能

アレルギー対策以外に、科学的に証明された効果は今のところありません。つまり、特に何の病状もない猫にとっては具体的な成果は得られていない状態です。

ただ、猫本来の食生活に近づけることによって、現代の猫が抱える様々な病気が改善することが期待されています。今後の研究によってはグレインフリーの利点が明らかになっていくかと思います。

そして、アレルゲンというものは刻々と変わっていくものです。原因がよくわからないけれど便が良くなかったり皮膚に疾患があったり、耳がかゆかったりしている場合、グレインフリーによって改善する可能性はあると思います。

グレインフリーまとめ

ペットフードにはもともと費用を抑えるために小麦などを使っていました。そしてグルテンフリーの波が来て、玄米などを使用したフードが増えました。玄米使用フードも当時は健康に良いという謳い文句だったのです。

そして今度はグレインフリーです。個人的には猫は肉食であるべきだと思っているのですが、グレインフリーはキャットフードの価格を抑えていた要素を排除したフードになります。つまり、値段が高くなる傾向にあります。

キャットフードにどれだけお金をかけるかというのは難しい問題です。最高のものを常に与えられれば良いのですが、現実的にはそうもいきません。特に疾患がないのであれば無理にグレインフリーにこだわる必要はないのではないか、個人的にはそう思っています。

それよりは、よく食べ、よく遊び、よく寝るを満たしてあげることです。ストレスのない生活を作ることです。穀物なんかより運動不足の方がよほど健康に悪いです。軽微なアレルギーよりもストレスの方がよほど強いアレルゲンです。こちらによっても状況が改善する可能性は大いにあります。

とはいえ、グレインフリーのフードがより認知されるようになれば大量生産により値段も下がってくると思いますので、個人的にはみなさんがグレインフリーフードに興味を持つ良いなとは思っています。