並行輸入品と正規輸入品の違い

キャットフードを語るうえで外せないのが並行輸入品の話です。最近はあまり見かけなくなりましたが以前は並行輸入品も多かったですね。知識として知っておいて損はないと思います。

正規輸入品、正規品とは

正規品と言ったり正規輸入品と言ったりします。

メーカーから輸入代理店、販売代理店を通じて輸入され販売される商品のことです。普通はライセンス契約を結びます。

特徴としては以下のことが挙げられます。

  • 日本語のパッケージになっていたり、日本語のシールでラベルが上書きされている
  • 問い合わせ先として日本企業の連絡先が書いてある
  • メーカーによっては正規品シールを貼る場合もある
  • 責任問題になるので輸送や保管条件に気を使っている
  • メーカーによっては日本向けに中身を変える場合もある

いずれにせよ、何かあったときに責任を取る人がはっきりしているのが正規品です。それはつまり、輸入品であっても品質が保証されているということになります。単純な輸入に比べて手がかかっていますので、値段に反映されます。

日本向けに中身を変える場合もある

上記の中で「日本向けに中身を変える場合もある」というのがちょっと異色なので補足で説明します。以下のような理由から中身を日本向けにカスタムすることがあります。珍しいことではなく、実は多くのメーカーが行っています。

  • 本国では使用可能だが日本では使用不可な原料や添加物がある場合
  • 日本市場で人気の無い原料が入っている場合
  • 日本にいる猫の嗜好や健康状態を考慮したうえで変える場合

基本的には上記のような理由から、本国とはレシピを変えて輸入することがあります。良いか悪いかは分かりませんが、より売れるように工夫しているわけですから、基本的に改悪はされていないと考えることができます。

なお、コストを下げるために品質を落とす可能性ももちろんありますが、神経質な日本市場で敢えてそれをやるメーカーはいないでしょう。

また、レシピを変えてしまったらもはや違う製品では?という冷静なツッコミはあってしかるべきですが、それに気づいているメーカーも消費者も少ないです。

一番困るのは本国のレシピでは入っていないものが、日本向けレシピに入る場合です。それがアレルゲンである場合、レシピの違いに気づかないと原因不明になってしまう可能性もあります。アレルギーのある猫の場合、日本で販売されている商品のレシピを確認することをお勧めします。

並行輸入品とは

正規品と並行して別ルートで輸入する商品と言う意味です。別ルートはもちろん正規ルートではなく、メーカーも関与しません。並行輸入品は言わば現地で買い付けて個人輸入したようなものです。日本で入手しづらい商品ではよく売られていますね。

特徴としては以下のことが挙げられます。

  • パッケージは本国で売られているものそのまま
  • 内容物も本国で売られているものそのまま
  • 基本的に正規品より安い
  • 輸送や保管条件は並行輸入業者によってバラバラ
  • 品質が劣化している可能性がある
  • メーカー保証が受けづらい
  • 返品や交換が難しい

簡単に言うと、本国そのままの商品で安いですが、どうやって輸入したかわからないのでリスクがあると言えます。そして何かあってメーカーに文句言おうにも保証されない可能性が高いです。

もちろん、きちんと冷蔵で輸入しているなど、品質に気を使っている並行輸入業者はいますし、返品や交換を受け付けてくれる業者もいます。だから一概に並行輸入品が悪いとは言えないのですが、自己責任でどうぞとしか言えません。

例えば外国で暮らしていた頃に使っていたキャットフードをそのまま日本でも輸入して使うと言った場合は並行輸入品でもいいかもしれませんね。

また、日本未発売の製品が手に入るのも並行輸入品ならではです。キャットフードジプシーをしていると、せっかく良さそうなのを見つけても日本では売っていなかったり、撤退していることがあります。そんな商品を手に入れるには並行輸入品しかありません。(まあ、撤退した場合は並行輸入しても売れないので売ってないでしょうけど)

並行輸入品と正規輸入品まとめ

並行輸入品はダメだとは思っていません。しかし食品の場合特にですが、実績のある業者を選んだ方が良いです。

キャットフードは人間用のフードと違って平気で常温コンテナ使ったりしますので、かなり怖いです。並行輸入品は安さが魅力ですが、安すぎると品質も怪しいと思ったほうが良いかと思います。

ただ、正規品だからと言って無条件に信用してしまうのも考え物です。日本では最終的に各店舗での保管になりますので、そこでの保管状況が劣悪だと困ります。

見極めは難しいのですが、休日や夜間の空調状態、日のあたるところに置いていないかなど、丁寧な販売店は書いてたりしますので確認してみると良いと思います。